【半額以下】スマホを変えるなら「中古スマホ」が断然おトクな理由

こんにちは。中古スマホ歴4年目のまるこです。

皆さんはスマホって、どこで買ってますか?
携帯会社?それともメーカーの公式サイトでしょうか?

もちろんそれでもいいんですが、
もっとおトクにスマホを手に入れる方法ってあるってご存知ですか?

それは、中古スマホです。

最近だと、家電量販店やゲームショップでも取り扱いがありますね。

中古って、なんだか怪しそう。ちゃんと使えるの?

わかる。私も最初そう思っていましたが、
ちゃんと理解すれば、メリットばかりなことが、3年使ってわかりました。

中古スマホはこんな人におすすめ

  1. スマホ高すぎ!って思ってる人
  2. ネットやLINEだけできれば良い人
  3. ハイスペックにこだわってない人
  4. SIMなどのネット申込みが余裕の人

おトクにスマホを買いたい人に、
中古スマホ歴4年目の私が、メリット・デメリットを、こまかくご紹介します!

目次

中古スマホのメリット6選

  • 安く購入できる
  • 販売終了した製品が買える
  • 新品未使用の取り扱いあり
  • 多少傷ついても心のダメージが少ない
  • 保証オプションが不要
  • 修理業者を気軽に選べる

①安く購入できる

中古スマホのメリットは、とにかく安く購入できます。

例えば、現在使用している、iPhone7(256GB)。
販売当時の正規価格は94,800円(税込102,384円)でしたが、
私は中古で47,300円。半額以下で購入できました。

中古だから、どうせすぐ壊れるんじゃない?

全くそんなことないです。

2018年1月に購入して3年以上使用していますが、問題なく使用できています。
コスパ良過ぎませんか?

ちなみに今(2021年1月末時点)では、iPhone7の相場は1万円台にまで暴落中です。
機種にこだわりがない人にこの値段は、かなり嬉しいですよね!

②販売終了したスマホが買える

iPhone7は約4年前に発売された商品ですが、まだまだ現役で使える機種。
今も格安スマホ会社などでは、新品購入が可能です。

それだったら格安スマホの会社で買うよ

ですが、例えば256GBなど、一部の機種は取り扱いがありません
appleの公式サイトでも通販ページがなく購入できないので、入手困難状態。

でも中古サイトには高確率で販売されてる可能性があります。
希望に合うものが見つかれば、安く手に入れられて一石二鳥。というわけなんです。

③整備品も取り扱いあり

中古スマホなので、凹みや傷が少なからずある商品が多いですが、
まれに新品同様のものが出品されています。

バッテリーやガラスを綺麗に整備した品や、未使用のものなどさまざま。
早い者勝ちのため、条件のいいものはすぐに売れてしまいます。
たまたま出会えた時は、ちょっと興奮します。

④多少傷ついても、心のダメージが少ない

ピカピカ新品のスマホを、すぐに落として画面にヒビが…

なんて経験ありませんか?

私もたくさん経験してきましたが、
中古スマホだと「もしも」のとき、心と財布のダメージが少なくて済みます。

これが、予想以上に収穫でした。元々誰かが使ってたものですしね。
もし新品同様の中古品を買っても正規品よりは安いですし、
修理する場合も「まあ安く済んだしいっか!」と思えるのが嬉しいポイントです。

⑤保証オプション加入不要

携帯会社で正規品を購入すると、
毎月300〜600円ほど支払いが発生する「保証オプション」をつけることができます。

毎月払ってれば、もしものとき修理が安くなるよ〜!

ってやつです。

でも冷静に考えると、
年3,600〜7,200円、いつ壊れるか分からないのに払い続けるのって…
って抵抗のある方も多いと思います。

しかし中古スマホでは、毎月の保証料金なども発生しません
もともと一括購入なので取引はその後一切なし。

しかも専門の通販サイトなどでは、
購入後一定の期間、無料で初期の動作不良の保証をしてくれる場合があります。

⑥修理業者を自由に選べる

正規品を修理する時は、正規修理店でしか取り扱ってくれない場合があります。

たとえばiPhoneですと、街の修理屋などに頼むと、
メーカー回収や初期不良のとき引き取り対象外になってしまうのは有名ですよね。

その点、中古スマホはもともと正規購入ではないので、
気軽にスマホ修理業者に依頼したり、極端に言えば自分でスマホを解体して直したりしても問題ないんです。

最近郵送で修理完了する業者も増えているのは、中古スマホ人気が上がっているからかもしれませんね。

→ iPhone修理「アイサポ」

もちろん、メーカー非推奨なので自己責任ですが、
保証や修理プランに縛られずにスマホを持てるので、気軽さを求めてる方にはぴったりです!

中古スマホのデメリット4選

  • 知識が必要
  • 通信保証の対象外の可能性がある
  • 設定を自分でやらなきゃいけない
  • メーカー保証外

ここからはデメリットをご紹介します。
中古なのでやっぱりデメリットは存在しますが、ちゃんと理解すれば大丈夫なことばかりです。
さっそく勉強していきましょう!

①知識が必要

中古スマホ通販サイトには
「赤ロム」「白ロム」「利用制限」など、聞き慣れない専門用語が出てきます。

実は中古スマホは、なんらかの理由で通信が利用できない可能性があります。

原因は、盗難品、分割払いの滞納中の製品など様々。
通信会社やメーカーが制限をかけて、使えないようにしているので
うっかり購入しないように注意が必要です。

例えば危ない機種には「赤ロム」「利用制限△」と表記されていますが
逆に問題なく使える機種は「白ロム」「利用制限○」と書かれています。

いっけん難しそうですが、通販サイトでは必ず記入されているので安心してくださいね。

保証付きの通販サイト

万が一「白ロム」「利用制限○」と書かれていたのに、不具合が起きてしまっても、
専門の通販サイトでは返金や返品保証があります
保証内容は端末によって異なるので、購入前にしっかりと確認しましょう。

→ 【おすすめサイト】アイフォンプラザ

②携帯会社の保証対象外の可能性あり

携帯会社には、こんな会社もあります。

うちの会社で新規端末を購入しなかったり、
スマホを持ち込むなら、何かあっても保証しないよー

ただ、これは中古スマホに限らず、
元々持っていたスマホを利用する場合でも起こる、あるあるネタです。

携帯会社の立場で考えれば、知らないルートで買ったスマホまで保証できないですよね。

③設定を自分でやらなきゃいけない

購入後、お店のようなサポートはないので、初期設定を自分で行う必要があります。
SIMの申し込みがオンラインでできない方や、全部お店でやってもらいたい方には、少し不向きかもしれません。

設定方法は携帯会社によって違いますが、最近は設定が難しくないように改善されているので、
まずは希望の携帯会社やスマホの設定方法を調べてみるのもおすすめです!

④メーカー保証外の可能性あり

こちらは先ほども少し触れましたが、正規ルートでの購入ではないため、
メーカーの初期不良などで自主回収があっても、対象にならない可能性があります。
直接、メーカーに問い合わせてみましょう。

まとめ

中古スマホは、知識があれば便利でおトク!

メリット

  • 安く購入できる
  • 販売終了した製品が買える
  • 新品未使用の取り扱いあり
  • 多少傷ついても心のダメージが少ない
  • 保証オプションが不要
  • 修理業者を気軽に選べる

デメリット

  • 知識が必要
  • 通信保証の対象外の可能性あり
  • 設定を自分でやらなきゃいけない
  • メーカー保証外の可能性あり

今回は中古スマホのメリット、デメリットをまとめました!
少しクセはあるけど、理解をすればメリットがすごく大きいのが分かりますよね

中古スマホ、気になった方はぜひ挑戦してみてくださいね!

おすすめサイト

アイフォンプラザ|未使用品や中古iPhone・iPadの通販サイト 
iPhone専用通販サイト。楽天ペイなどが使えます。
白ロムや利用制限も、わかりやすく記載。

ムスビー|中古ケータイ・スマホ専門サイト
AndroidやiPadも購入可能。

シェアしてね
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる